オナ指示

「美希は本当に馬鹿カップルだね。」「それ、本人を前にしていう。」「言うよ。久しぶりに私と会っているのに毎日会っている彼氏と今LINEしてるでしょ。」「バレた。」「バレるよ。」親友の亜美が言う通り私たちカップルは本当に馬鹿カップルです。彼とは出会い系で知り合ったけれど、趣味も考え方も全て似ていて今まで付き合った人の中で最高の彼氏です。

「そんなに彼氏のことが好きなら今度合わせてよ。」「えっ。いいよ。」亜美はすごく喜んでいたけれど、本当はすぐそばに彼氏がいることに亜美は気づいていません。
テレエッチする相手をエロチャットで盛り上げてセフレに進展します
今私たちはカフェでランチをしています。彼には既にそのカフェに行くと伝えていたので先にいました。そして、私にあるLINEで指示をしています。それはオナ指示です。亜美には流石に言えません。私達馬鹿カップルはこういうことをしていることを。

LINEには「足をもっと広げて、俺にパンツが見えるように見せて。」「服の谷間をもっと強調して、俺にブラを見せて。」など、亜美にバレるようなオナ指示ばかりしてきます。「無理だよ。亜美にバレる。」「バレないように頑張って、じゃないと夜俺のアレをやらないよ。」「いじわる。」本当に私達は馬鹿カップルです。無茶のオナ指示ばかりだけどそんな指示するすけべな彼氏のことも私は大好きです。
「美希、ブラ見えているよ。」「本当だ。」「もう、私にアピールしても仕方ないよ。」「そうだね。」ハラハラしたこの刺激がたまりません。
テレフォンセックス
テレクラ